「スポイル」の意味と使い方とは?スポイルを使うシーンなどを解説


スポイルの意味とは?

ここでは、スポイルの意味についてご紹介します。

ものごとを駄目にする、台無しにする

スポイルの意味としては、ものごとを駄目にする、台無しにするということがあります。

あることが要因になって、一般的なものごとだけでなく、思想や計画などもともとあるものを駄目にすることです。

例えば、食事を摂る前にアイスクリームやスナック菓子などを摂ると、食べ物に対する欲求がある程度満足されるので、食欲がスポイルされます。

食べ物の味が損なう、腐らせる

スポイルの意味としては、食べ物の味が損なう、腐らせるということがあります。

例えば、新鮮な食べ物を冷蔵庫に長期間そのままにしておくとスポイルします。

また、食べ物が腐らなくても、時間が経つと出来立ての料理であれば冷えて味が損なうのと同様に、揚げ物であればしなしなの衣になって、サクサクとした感じが無くなるでしょう。

このようなときでも、スポイルが食べ物のもともとの味が悪くなる、味が損なうという意味で使われます。

価値が無くなる、チャンスを逃がす

スポイルの意味としては、価値が無くなる、チャンスを逃すということがあります。

例えば、価値があるアンティーク品や骨とう品を価値がわからないままそのまま置いておくと、価値は低下してスポイルされてしまいます。

また、高額で売れるようなサービスや商品について相手からの申し込みを無視すると、チャンスを逃します。

このようなときも、スポイルをチャンスを逃がすという意味で使います。

他の人や子供を甘やかす

スポイルの意味としては、英語圏では他の人や子供を甘やかすということで普段から使われています。

例えば、スポイルというのは、高過ぎるプレゼントをクリスマスや誕生日などに贈ったり、学業やしつけにおいて甘くしたりするなど、子供を甘やかすことをいいます。

また、スポイルは、子供以外に友達や恋人などを愛情や待遇などで甘やかすときも使います。

ネタをばらす

スポイルの意味としては、ネタをばらすことがあります。

スポイルは、楽しみな映画やドラマの結末を話すことをいいます。

スポイルの使い方とは?

ここでは、スポイルの使い方についてご紹介します。

駄目にした人を批判する

スポイルは、もともと英語の動詞で、日本語でも動詞で使って、一般的な使い方はスポイルするということがあります。

スポイルしているなどという言葉が、良くない効果をもたらすものに使われています。

一般的に、甘やかされている子供に対して、批判してあの子供の親はスポイルしているなどと使います。

他の人のせいにする

スポイルを使った表現でよく目にするのは、受け身でスポイルされるということで使われるときです。

モチベーションが低下したり、やる気が無くなったり、もともとの能力が発揮できなかったりしたときに、他の人のせいにしてスポイルされるということが多くあるようです。

教育論でスポイルが多く使われる

スポイルの意味合いとしては、甘やかして駄目にするということが強くあります。

甘やかすにフォーカスすれば、子供の成長の阻むというような意味で多く使われます。

日本の現代の親は、子供を過保護にしたり、甘やかしたりするため、子供の将来を先回りしてリスクと考えられるものを排除する傾向があります。

そのため、最終的に大人になるに従って身につける方がいい子供の向上心や忍耐力などのスキルが無くなります。

教育論においては、親のこのような過保護のために、子供の性質や性格などが弱くなったり偏ったりすることを、子供を現代の親はスポイルしているなどということで批判するようです。

ビジネスシーンで使われる

日本のユーザーはスポイルされているなどのような表現を、目にしたこともあるのではないでしょうか。

この表現は、日本のユーザーは甘やかされて駄目になっているという意味になります。

では、どうしてこのようなことになっているのでしょうか?

スーパートなどで陳列している商品は衛生的に管理されており、例えば、パッキングが手に取りやすいように行われています。

パッキングする従業員は、完璧にマニュアルの通りに仕事をこなしています。

これは、物事がユーザー目線に立つということで考えられています。

そのため、ユーザーを甘やかすということが、謙虚な気持ちがユーザーに無くなるということになります。

このことを、ユーザーをスポイルするといいます。

何かトラブルがあるときに使う

スポイルは良くない意味で使われますが、普段使われているシーンに共通していることを挙げれば、何かトラブルがあるときに使っていることが多くあります。

日本人は、スポイルされることによって現れる惰性や甘えに着目していることがわかります。

スポイルはどのようなシーンで使うか?

ここでは、スポイルを使うシーンについてご紹介します。

ビジネス

ビジネスシーンにおいては、大きく分類するとスポイルが2つのシーンで使われています。

まず、ユーザーに対してスポイルが使われるシーンがあります。

サービスを会社が拡げていった結果、理不尽なクレームがユーザーから多くなったときに使われます。

これは、いいと考えたサービスが、最終的にユーザーを手取り足取りケアするようになっており、ユーザーを甘やかして、大きな態度にするという状況をいいます。

次に、仕事内容にスポイルが使われるシーンがあります。

スポイルは、何等かの要因によってアイデアや企画が駄目になったときに使われます。

例えば、十分に練ったアイデアが、プレゼンすれば反対されて駄目になったときにアイデアがスポイルされたというように使います。

教育

スポイルという言葉は、教育のシーンでも使われます。

例えば、朝のように時間が欲しいときに、保育園に行く子供が洋服のボタンを一生懸命につけようとしているときに、母親がこれを代わりにやるようなシーンです。

このとき、母親は子供が学習するチャンスを奪うようになるので、子供をスポイルするようになります。

母親はいいと考えて子供を助けているのでしょうが、必ずしもこれが優しいとは限りません。

子育て

スポイルは、子育てのシーンにおいて、子供を甘やかして駄目にするということで主として使われます。

例えば、自分の子供を過保護の親がかわいく思うために甘やかすシーンや、子供に関することを親がどのようなことでも決定するようなシーンで、子供をスポイルするというように使います。

子育てのシーンが、最もよくスポイルという言葉が使われるでしょう。

また、子育てのシーンが、最もスポイルされる影響が強いともいわれています。





関連記事

  1. 「斜に構える」の意味と使い方とは?語源や類義語などを解説

  2. 「カテゴリー」の意味とは?使い方や類義語、慣用句などを解説

  3. メールでの「御中」の使い方とは?間違った使い方とは?

  4. バレンタインの季節♡会社で配るチョコレートのマナー!

    バレンタインの季節♡会社で配るチョコレートのマナー!

  5. 「最近話題の“仮想通貨”ってなに!?」

    「最近話題の“仮想通貨”ってなに!?」

  6. ビジネスに役立つ!戦略を学べる映画6選

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。









  1. 「にべもない」の意味とは? 使い方や類義語などを解説

    2020.09.20

  2. 「準じる」の意味とは? 使い方や准じるとの違いなどを解説

    2020.09.20

  3. 「集荷」の意味とは? 集荷の流れなどを解説

    2020.09.19

  4. 「取り繕う(とりつくろう)」の意味とは? 使い方や類義語などを解…

    2020.09.18

  5. 「訓戒」の意味とは? 使い方や種類などを解説

    2020.09.17

  1. 外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    2019.05.02

  2. 【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    2019.05.02

  3. 失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    2019.05.02

  4. 少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    2019.03.27

  5. 自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    2019.03.27







x