「なおざり」の意味と使い方とは?「なおざり」と「おざなり」の違いとは?


「なおざり」の意味とは?

「なおざり」というのは、「いい加減にすること」という意味です。

「物事をおろそかにして軽く見ること」を「おざなり」といいます。

「おざなり」の意味の「いい加減にする」というのは「その場しのぎの応対をする」ですが、「加減に」というのは「何もしないこと」です。

そのため、「なおざりな応対をする」という意味合いは、「適当にそのままにしている」ということであるため、「何も応対しない」ということに近くなります。

「なおざり」と「おざなり」は同じような言葉ですが、意味合いが違う言葉であるため、正しい意味をきちんと把握して使いわけましょう。

漢字で「なおざり」を書けば「等閑」になります。

「等閑」という同義語の漢字をあてたといわれています。

「等閑」は、「物事をいい加減に扱って軽く見ること」という意味です。

「猶去」が「なおざり」の語源になります。

「なお」は、「現在もなお」といわれるように、「従来の状態を継続していること」という意味になります。

「さり」は、「放っておいて、手を打たないこと」という意味です。

そのため、「なおざり」は「放り続けて手を打たないこと」という意味になり、「気にたいしてとめていない」ということから「おろそかにする」というようなニュアンスになったといわれています。

「なおざり」の使い方とは?

「なおざり」という言葉は、ほとんど普段の会話に出てこないため、意味がわかっても使い方がなかなかわからないでしょう。

ここでは、「なおざり」の使い方についてご紹介するため、使うときの参考にしましょう。

「なおざりにする」

「なおざりにする」の意味は、「何もほとんどしないでそのままにしておく」ということです。

「おざなりにする」という「いい加減な応対をする」という言葉とは、意味が同じようなものですが異なるものであることがわかります。

例えば、「教育をなおざりにする」の意味は、「教育をしない」ということです。

また、「子供の教育をなおざりにする」の意味は、「子供の教育を怠る」ということです。

子供を養う必要がある両親などが、子供の衣類や食事などの世話を怠って、そのままにすることをいいます。

「なおざりにできない」

「なおざりにできない」の意味は、「その物事が大切なものであるためそのままにしておけないこと」になります。

別の表現としては、「黙っていることができない」「見過ごすことができない」「見て見ないふりはできない」「放置することができない」「看過することができない」などがあります。

例えば、「なおざりにできない行い」の意味は、𠮟られるトラブルを起こした人がおり、これをそのままにしておけないということでしょう。

また、「今度のあなたの間違いはなおざりにできない」の意味は、あなたは重大な間違いをした、あるいはは常習的に間違いをしたため、「さすがに今度は処分を何等か受けてもらう」ということになります。

「なおざり」と「おざなり」の違いとは?

「なおざり」と「おざなり」は同じよう発音になりますが、全く意味や使い方は違っています。

ここでは、誤って使わないように、「なおざり」と「おざなり」の違いについてご紹介します。

「なおざり」の意味と語源

「なおざり」の意味は、「ほとんど何もしないでそのままにしておく」「注意あまり払わないでいい加減にする」ということです。

「なおざり」の由来はいろいろな説がありますが、「直(猶)去り」が語源であるといわれています。

「直・猶(なお)」の意味は、「そのままの状態」ということです。

「去り」の意味は「去っていく」「何もしないでそのままにしておく」ということから、「何もしないでそのままの状態で放っておく」、つまり「いい加減にする」ということになります。

なお、「なおざり」はパソコンなどを使って漢字に換えると「等閑」になります。

「等閑」の意味は「なおざり」と同じであるため、「等閑」と漢字で書くことができます。

「なおざり」と「おざなり」の違いを記憶する方法

ここでは、「なおざり」と「おざなり」の違いを記憶する方法についてご紹介します。

例えば、「期日までに部下がデータを提出したが、内容はいい加減であった」というときは、「おざなりなデータ」になります。

一方、「いい加減な部下がデータを期日までに提出しなかった」というときは、「データをなおざりにした」になります。

「いい加減」という言葉が両方とも含まれていますが、「おざなり」のときは「いい加減であるが行動は何等かしていること」になりますが、「なおざり」のときは「いい加減で行動をほとんど何もしていないこと」ということが違っています。

「なおざり」の類義語とは?

ここでは、「なおざり」の類義語についてご紹介します。

「無視」

「無視」の意味は、「あっても無いように取り扱うこと」です。

同じような表現としては、「逆の意見をなおざりにする」「逆の意見を無視する」があります。

「放置」

「放置」の意味は、「置きっぱなしにしておくこと」「放った状態にしておくこと」になります。

同じような表現としては、「赤ちゃんを放置する」「赤ちゃんをなおざりにする」があります。

「無頓着」

「無頓着」の意味は、「全く気にかけないこと」です。

「無頓着」の意味合いとしては、「無神経」「構いなし」というものがあるため、「なおざり」とは意味が少し違っています。

「無頓着」の使い方としては、「洋服に無頓着な女性」などがあります。

「度外視」

「度外視」の意味は、「相手にしないこと」「問題にしないこと」「無視すること」です。

「度外視」の使い方としては「利益を度外視する」などがあり、強い拒否感が「なおざり」よりもあります。

「なおざり」の対義語とは?

ここでは、「なおざり」の対義語についてご紹介します。

「構う」

「構う」の意味は、「気にかける」「関心をもつ」「世話をする」というようなことがあります。

例えば、「構う」の使い方としては「赤ちゃんを構う」というようなものがあります。

「意に介する」

「意に介する」の意味は、「気にする」「気にかける」ということです。

なお、否定して「私のアドバイスなど意に介する気もない」と使うと、「私のアドバイスをなおざりにする」と意味が同じになります。

「干渉」

「干渉」の意味は、「自分の考えを押しつけようとしたり、他の人のことに口を出ししたりすること」です。

「なおざり」とは意味が全く逆になります。

「干渉」の使い方としては、「彼に干渉される」などがあります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でstcareerをフォローしよう!





関連記事

  1. 「存じます」の意味とは 例文や使い方を解説

  2. 「アウフヘーベン」の意味とは?知っておくと便利な考え方を取り入れよう

  3. 「お力添え」をビジネスシーンで使うなら押さえておくべき正しい用法

  4. 人生が退屈な人にこそ試してもらいたい対処法!日常生活を笑顔で過ごすための秘訣とは

  5. IT業界なら知ってて当然?!「イニシャルコスト」の由来や意味から使い方まで!

  6. 「ディレクション」の意味と使い方とは?「マネジメント」と「ディレクション」の違いなどを解説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。









  1. パラレルキャリアとは?メリットと注意点を知って人生を豊かにしよう

    2020.07.03

  2. 「デフォルト」の意味とは?語源や利用シーンなどを解説

    2020.07.01

  3. 「トレース」の意味とは?いろいろなジャンルでの「トレース」の使…

    2020.07.01

  4. 「タイト」の意味とは?ビジネスシーンでの「タイト」の使い方など…

    2020.06.30

  5. 「ギミック」の意味とは?使い方や類義語などを解説

    2020.06.29

  1. 外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    2019.05.02

  2. 【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    2019.05.02

  3. 失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    2019.05.02

  4. 少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    2019.03.27

  5. 自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    2019.03.27