レバレッジの意味と使い方とは?類義語や関連用語などを解説


レバレッジの意味とは?

レバレッジの由来は、「leverage」という英語です。

「leverage」の意味は、てこの働き、効力・影響力です。

日本語のレバレッジの意味は、てこの働きになります。

なお、経済活動のときは、レバレッジは他の意味で使われます。

レバレッジは、外部から調達した借入金などを使用することによって利益率を自分の資金に対してアップすること、あるいはこのアップする倍率のことをいいます。

レバレッジの使い方とは?

レバレッジの意味は、担保の資金をベースにして、取引をこの何倍も行うことで、使い方としてはレバレッジを何倍効かせるなどがあります。

例えば、1万円の担保で取引を5万円行うようなときは、レバレッジを5倍効かせていることになります。

レバレッジを効かせると、取引が自分の資金の何倍もできるようになります。

また、使い方としてはレバレッジを効かせるというものもあります。

この意味は、自分の資金を証拠金にして取引を何倍かで行うことです。

レバレッジを効かせると、大きなお金を少ない資金で動かせるので、利益もその分大きくなります。

しかし、レバレッジを効かせると、大きなお金を動かすので、ミスしたときの損も非常に大きくなります。

例えば、5倍のレバレッジのときは、利益が資金よりも5倍になることもありますが、逆に5倍の損になることもあります。

そのため、レバレッジを効かせるとハイリスクハイリターンになります。

株式取引でのレバレッジの使い方

株式取引のときは、信用取引でレバレッジを効かせることができます。

信用取引というのは、証券業者に信用してもらって株式取引を自分の資金以上に行うことです。

信用取引のときは、自分の資金だけでなく現在保有している株式を担保にして、取引するときにレバレッジを効かせることができます。

しかし、株式の信用取引のときは、担保の資金の3倍までしかレバレッジを効かすことができません。

また、信用取引のときは、買いだけでなく売りからでも取引することができます。

一方、レバレッジはFXのときも効かすことができます。

株式の信用取引のときは利息などが多くかかって、融資のような感じになります。

また、FXとは、損が自分の担保の資金以上に発生したときに追証で追加徴収されることが違います。

現物取引のときは、例えば、1万円の資金のときの株式取引は1万円までになりますが、信用取引のときは1万円の担保の資金のときは最大でレバレッジを3倍効かせて株式取引は3万円までできます。

このように1万円の資金で信用取引を最大3倍の3万円で行うときは、3倍のレバレッジを効かせるといいます。

レバレッジの意味がてこであることを考えると、理解がすぐにできるでしょう。

現物取引のときは取引が買いだけになりますが、信用取引のときは取引が売りからでもできます。

空売りというのは、売りから取引することです。

売りから取引するときは、株式を証券業者から借りて売るようになります。

そのため、株式の価格が低下したときに利益が出るようになります。

FXでのレバレッジの使い方

最大のFXのメリットは、レバレッジを効かせて外貨を自分の資金の何倍もの金額で取引できることです。

普通であれば、例えば、資金が10万円のときは取引が10万円までになりますが、FXのときはレバレッジを10倍効かせると100万円までの取引ができます。

しかし、取引を大きなお金で行うと、例えば、10倍の利益になりますが、一方10倍の損にもなるため、ハイリスクハイリターンになります。

FXのときは、リスクを下げるために2倍~3倍くらいのレバレッジにするのがおすすめです。

また、FXのときは、業者によってレバレッジの上限が違っており、レバレッジを何百倍も効かせることができるところも中にはあります。

リスクをきちんと把握して取引をしないと、すぐに損するということを把握しておきましょう。

では、大きくレバレッジを効かせてもし証拠金の金額が不足するとどうなるのでしょうか?

このようにならないように、ロスカットというものがFXではあります。

決済しなくても損が証拠金を下回るようになれば決済が自動的に行われるため、基本的に損が証拠金以上に発生しないようになっています。

金融でのレバレッジの使い方

レバレッジの意味は、大きなリターンが少ない資金で期待できることです。

また、先にご紹介したFXや株の信用取引だけでなく、金融では商品先物取引や外国為替証拠金取引、差額決済契約(CFD取引)などで、取引を証拠金の何倍も行うことができます。

マーケティングでのレバレッジの使い方

ブランドレバレッジという言葉が、マーケティングではあります。

この言葉の意味は、てこの働きによるブランドの影響力になります。

すでに有名になっているブランドによって、効果をこれ以上に出すマーケティングです。

レバレッジを効かせて、ブランドの強みの影響力を何倍にもすることです。

レバレッジの類義語とは?

信用倍率がレバレッジの類義語になります。

信用倍率の意味は、全くレバレッジと同じで、見た目からはこの言葉の方がわかりやすいでしょう。

しかし、信用倍率という言葉は実際にはそれほど使わなく、ほとんどレバレッジを省略してレバ10倍などと使います。

レバレッジの関連用語とは?

ここでは、レバレッジの関連用語についてご紹介します。

レバレッジ効果

レバレッジ効果というのは、てこの働きに例えて、大きなリターンが少ない資金で期待できることです。

例えば、先物取引や信用取引において、初めに投資した金額のリターンが何倍にもなるようなことです。

このように投資した商品の価格がアップすることによってレバレッジ効果が期待できますが、逆に価格がダウンすることによって損が大きくなることもあります。

レバレッジ取引

レバレッジ取引というのは、株式取引やFX、仮想通貨などの取引において、自分が投資した小さい担保金をベースにして大きな借入をして取引することです。

レバレッジのメリットとは?

ここでは、レバレッジのメリットについてご紹介します。

想定外の損が防止できる

レバレッジを把握しておくと、ある程度損が発生したときの金額を掴むことができます。

そのため、許容可能な範囲内の損での取引ができ、想定外の損が防止できます。

追証や強制ロスカットが防止できる

常に証拠金やレバレッジなどを把握することによって、追証や強制ロスカットが防止できます。

取引を継続するためにも、常にレバレッジは把握しておきましょう。

自分の資産を保護するためにも、レバレッジを計算する方法を把握しておくことが大切です。





関連記事

  1. 「閑職(かんしょく)」の意味と使い方とは?例文やトラブルの事例などを解説

  2. 「オーガナイザー」の意味とは?ビジネスシーンでの使い方などを解説

  3. お金を貯める☆今日からできる節約術

    お金を貯める☆今日からできる節約術

  4. 「ヒエラルキー」の意味と使い方とは?類義語などを解説

  5. 「イデオロギー」の意味と使い方とは?語源や類義語などを解説

  6. 「当社・弊社」「貴社・御社」の使い方と違いを解説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。









  1. 「ほぼほぼ」の意味とは? 使い方や類義語などを解説

    2020.11.27

  2. 「有り体(ありてい)」の意味とは? 類義語や対義語などを解説

    2020.11.27

  3. 「唆す(そそのかす)」の意味とは? 使い方や類義語などを解説

    2020.11.26

  4. 「ヘゲモニー」の意味とは? 使い方や「イニシアチブ」との違いなど…

    2020.11.26

  5. 「監修(かんしゅう)」の意味とは? 使い方や類義語などを解説

    2020.11.25

  1. 外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    2019.05.02

  2. 【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    2019.05.02

  3. 失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    2019.05.02

  4. 少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    2019.03.27

  5. 自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    2019.03.27







x