「自己研鑽」と「自己啓発」の意味と使い方とは?「自己研鑽」のメリットなどを解説


「自己研鑽」と「自己啓発」の意味と使い方とは?

「自己研鑽」と「自己啓発」というような言葉を、「自分を磨く」というような意味のワードとしてよく耳にするのではないでしょうか。

このような言葉はよくイメージが似ていますが、どのような意味があるのでしょうか?

ここでは、「自己研鑽」と「自己啓発」の意味と使い方についてご紹介します。

「自己研鑽」

「自己」と「研鑽」から「自己研鑽」は成り立っています。

「自己」の意味は「自分自身」で、「研鑽」の意味は「深く学問などを極めること」です。

「研」の意味は「磨く」「研ぐ」で、「鑽」の意味は「穴をあけるツール」ですが、「深く極める」ということもあります。

そのため、「自己研鑽」の意味は、「深く何かを極めるために自分を磨くこと」になります。

「自己研鑽」の使い方としては、「自己研鑽を怠らない」「自己研鑽を積み重ねる」などがあります。

「自己啓発」

「自己啓発」の意味は、「自分の考えで、自分のメンタル的な成長やスキルアップを目指すこと」です。

また、このためにトレーニングすることも意味します。

「自己」の意味は「自分自身」で、「啓発」の意味は「より高い理解や認識に導くために人がわからないものを教えること」をです。

そのため、「自己啓発」の意味は、「自分を自分自身で高みへ導くこと」になります。

「自己啓発」の使い方としては、「自己啓発に励む」「自己啓発のセミナーに出席する」などがあります。

一般的に「自己啓発」は広く使われていますが、仕事におけるスキルアップ、意識アップについて使われるときが特に多くあります。

自分が希望するキャリアを達成するために、仕事に対するスキルやモチベーションをアップしようとする行いのことをいいます。

一方、取り組みの具体性が、「自己研鑽」と「自己啓発」では違っています。

一般的に、「自己研鑽」はより具体的な学習やトレーニングというような行いをいいますが、「自己啓発」は主として意識面をアップする行いをいいます。

「自己研鑽」と「自己啓発」の違いとは?

ここでは、「自己研鑽」と「自己啓発」の違いについてご紹介します。

「自己研鑽」

「自己研鑽」というのは、すでに自分が持っている知識を深めたり、技術をアップしたりすることです。

「自己研鑽」によって、自分の得意でないジャンルを無くしたり、得意なジャンルをさらに伸ばしたりすることができます。

「自己啓発」

「自己啓発」は、自分をより良くするスキルアップなどということにおいては、「自己研鑽」と同じようなものです。

「自己研鑽」と「自己啓発」の違いは、意識改革にそのポイントが置かれているかどうかです。

「自己啓発」は、スキルアップをどのようなことのために目指すのか、行いをどうして改善するかという意識を持つようにすることです。

「自己啓発」のみでは期待と成果に違いがある

世の中には、「自己啓発」の本やセミナーが非常に多くあります。

しかし、「自己研鑽」と違って、「自己啓発」は意識の変革ややる気のアップなどを目指すものですあるため、結果がわからないときが多くあります。

はっきりと従来の自分との違いがわからないため、「自己啓発」したと思っていても「自己満足」になることもあり得ます。

「自己研鑽」のメリットとは?

ここでは、「自己研鑽」のメリットについてご紹介します。

自分が成長できる

「自己研鑽」のメリットは、自分が成長できることが挙げられます。

自分が「自己研鑽」で成長できれば、これまで不可能であったことが可能になります。

例えば、料理が不可能であった人が可能になると、自炊することができて節約できるので貯金ができます。

そのため、自分の可能性が拡大するため、メリットが大きくなるでしょう。

これ以外にも、国家資格を取ると国家資格が要求される仕事を行うことができます。

「自己研鑽」によって、現在の仕事から新しい仕事ができるため、自分の可能性が拡大します。

「自己研鑽」は、可能性が拡大し、自分自身が成長できるというメリットがあるため、「自己研鑽」できれば人生が良くなるでしょう。

大きな仕事ができる

「自己研鑽」のメリットは、大きな仕事ができることが挙げられます。

他の人からスキルが高いことによって信頼されれば、現在よりも大きな仕事ができるようになります。

例えば、スキルがなければできないような仕事ができます。

無事に大きな仕事が達成できると、企業において給与がアップしたり、昇進したりすることもあるでしょう。

これ以外にも、「自己研鑽」によってスキルアップができ、独立開業ができることもあるでしょう。

スキルさえあると、企業に勤めるのみが人生ではありません。

「自己研鑽」すれば、自己実現ができるでしょう。

「自己啓発」のメリットとは?

ここでは、「自己啓発」のメリットについてご紹介します。

スキルがアップできる

「自己啓発」によって、現在持っているスキルをアップすることができます。

コツを学習することによって、速読術などをちょっとずつ上達することができるでしょう。

漠然とした経営に成功するコツなどであれば、リーダーシップスキルや経営術などいろいろな方面の自己啓発が要求されます。

アップしたいテーマを「自己啓発」することによって、知識が獲得でき、スキルアップができるでしょう。

視野が拡大する

現在見えている景色が、「自己啓発」によって拡大するでしょう。

自分で理解していたこととは異なった考え方が、一つのテーマについて学習することによって獲得することができ、共感できるときもあります。

掘り下げていくことによって、考え方が同じでもわかることもあります。

固定した考え方で「これはこうである」と思っていたものが、「見方が変えられる」ことがわかるでしょう。

やる気がアップする

「自己啓発」によって、やる気がアップすることも考えられます。

自分のスキルをアップすることによって、効率よく仕事ができるようになり、上をさらに目指せるようになるでしょう。

メンタル的な成長が学習できる「自己啓発」であれば、余裕が心に生まれるので、仕事に対する意欲がアップするでしょう。

「適当に仕事をやろう」「仕事が面倒である」というような考えを無くすことができるでしょう。

理想がより実現できる

自分のスキルをアップしてメンタル的に成長させると、大きく人間的にも成長できます。

現在理想であると考えていることを、スキル面とメンタル面で成長することで、理想がより実現できるでしょう。

成功した事例を学習するために、理想とする人の「自己啓発」の本を読むのも効果的です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でstcareerをフォローしよう!





関連記事

  1. 人生がつまらないを克服したい!対処法を知ってバラ色の人生を謳歌しよう

  2. 「扶養手当」とは?「扶養控除」との違いなどを解説

  3. 働き女子にオススメ☆毎日をもっと便利にする使えるアプリ☆

    働き女子にオススメ☆毎日をもっと便利にする使えるアプリ☆

  4. 「思慮深い(しりょぶかい)」の意味と使い方とは?類義語や対義語などを解説

  5. 「急逝(きゅうせい)」と「逝去(せいきょ)」の意味と使い方とは?

  6. 「表題の件」の意味とは?ビジネスメールでの使い方などを解説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。









  1. Amazonランキング上位!仕事に迷ったとき読むべきビジネス書でオス…

    2020.06.04

  2. 一生に一度は絶対に見るべき!立ち止まった時に見ると人生が変わる…

    2020.06.03

  3. 全てがめんどくさい!そんなときに試してほしい楽に生きるための方法

    2020.06.03

  4. 「始末書」の意味とは?書き方やチェック項目などを解説

    2020.05.30

  5. 「残業時間」の意味とは?サラリーマンの残業時間の平均などを解説

    2020.05.30

  1. 外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    2019.05.02

  2. 【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    2019.05.02

  3. 失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    2019.05.02

  4. 少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    2019.03.27

  5. 自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    2019.03.27