「威厳」と「尊厳」の意味と使い方とは?類義語や英語表現などを解説


「威厳」の意味と使い方とは?

「威厳」は、「おごそかで近寄りがたいこと」という意味です。

「威厳」のイメージとしては、日本の昔の父親像などがあるでしょう。

日本の昔の父親は、厳しくて恐ろしいので話が気軽にできませんが、立派で万一のときには頼りになるというような感じです。

「威厳がある」というのは、単純に恐ろしいのみでなく、基本的に他の人から敬われている必要があります。

重々しくて落ち着いた雰囲気があることも大切であるため、「威厳」を若い人が備えるのは困難でしょう。

中年以降の人は「威厳」がある人が多くいます。

「威厳」の「威」の意味は「恐れさせる」で、「厳」の意味は「おごそか」ということです。

そのため、「威厳」の意味は「畏れ多くておごそかなこと」になります。

「威厳」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「威厳を若くして備えた男である。」
  • 「威厳がある声で演説をする。」
  • 「威厳をリーダーは維持する必要がある。」

「尊厳」の意味と使い方とは?

「尊厳」の意味は、「気高くて威厳があること」「厳かで尊く侵してはならないこと」などがあります。

日本国憲法においては個人の「尊厳」が認められており、価値基準の最高のものになります。

基本的人権を考えるときは、特に人間の「尊厳」は平等権の根拠になるものであり、歴史的、世界的に正当性がある自然権であるとされています。

人間の「尊厳」は、社会生活において大切な概念であり、世界人権宣言や国際連合憲章などでも認められています。

「尊厳」は、「人間の尊厳」「個人の尊厳」などというような使い方があります。

例えば、個人の「尊厳」については、セクハラやパワハラ、いじめなどは冒涜であるとされており、非常に人間の「尊厳」を保護することは大切です。

「尊厳」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「尊厳はどのような国の人でも守る必要がある。」

難民が世界的に問題になっていますが、難民ということでも人間としての価値は持っています。

人間の「尊厳」は、どのような国の人でも、どのような人種でも守られる必要があります。

  • 「世界的に個人の尊厳は認められている。」

ごく最近になって、人間の「尊厳」、個人の「尊厳」が認められるようになりました。

例えば、第二次世界大戦のときは、強制収容所をドイツのナチスが作って、ユダヤ人を殺していました。

人権という概念がこの時期はまだなく、残虐にユダヤ人は殺されました。

第二次世界大戦が終わって、人間の「尊厳」という概念が世界的に認められるようになりました。

「威厳」と「尊厳」の違いとは?

「威厳」の意味は、「厳かで近寄り難いくらい堂々としている」ということです。

一方、「尊厳」の意味は「厳かで尊く、気高くて犯しがたい」ということであるため、「威厳」とは意味が違っています。

「厳かで堂々として近寄り難い」が「威厳」であり、「メンタル的に厳かで尊いため犯しがたいという価値観」が「尊厳」です。

「威厳」の類義語とは?

ここでは、「威厳」の類義語についてご紹介します。

「貫禄」

「貫禄」の意味は、「身体から感じられる立派さ、重み」「身に備わっている威厳」ということがあります。

「身に備わっている威厳」という意味が「貫禄」にはあるため、「威厳」の類義語になります。

しかし、基本的に「身に備わっている」ということであるため「外観」に限られています。

「貫禄」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「最近肉が腹回りについてきたので、貫禄があるように感じる。」

「威勢」

「威勢」の意味は、「勢い」「元気」ということがあります。

「威」という漢字が「威厳」とは共通しており、「人を怖がらせて従わせる」という意味で共通しています。

「勢い」が「威勢」にはありますが、「厳かな様子」が「威厳」にはあるということで違っています。

「威厳」の類義語として使うときは、人に対して強い威圧感がある状況であれば使えます。

「威勢」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「権力者の威勢に恐れる。」

「迫力」

「迫力」の意味は、「強く人の心に迫る力」ということがあります。

「威厳」とは、「強く人の心に迫る」という様子が通じるところでもあります。

「迫力」は圧力や勢いが一時的ですが、「威厳」は圧力が常に体から発しているともいえます。

「迫力」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「彼は何となく迫力に欠ける。」

「尊厳」の類義語とは?

ここでは、「尊厳」の類義語についてご紹介します。

「人権」

「人権」は、幸福に生きるためのもので、民族や人種、性別に関係なく認められた権利の基本的なものです。

しかし、差別などもいまだにあり、必ずしも人権が実際に認められているとはいえません。

「威厳」

「威厳」の意味は、「厳かで堂々としている様子」「他の人を圧するような厳しさのこと」「近寄りがたいくらい堂々としていること」になります。

「品格」「貫禄」などといわれるときもあり、「威厳がある態度」などの使い方があります。

「自然権」

「自然権」は、自然状態の段階から人間が持っている自由や生命、健康、財産についての権利であり代表的な「自然権」が「人権」です。

普遍的な人間価値を持つ平等と自由は基本的人権のメインであり、誰でも持っている大切な権利です。

「威厳」の英語表現とは?

英単語の「dignity」が、「威厳」の英語表現としては最も適切でしょう。

「dignity」の意味は、「威厳」以外に「尊厳」というものもあります。

「dignity」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「He is a person of dignity.」(彼は威厳がある。)
  • 「He has a dignified attitude.」(威厳がある態度で彼は接している。)
  • 「In today’s modern society, fathers lose their dignity.」(今日の現代社会においては、威厳を父親たちは無くしている。)

「尊厳」の英語表現とは?

英単語の「prestige」が、「尊厳」の英語表現になります。

「prestige」の意味は、品質・地位が高いことなどからくる「威信」「信望」「名声」「威光」になります。

「prestige」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「Damage someone’s prestige.」(人の威信にダメージを与える。)
  • 「Maintain one’s prestige.」(人の威厳を維持する。)
  • 「Enjoy great prestige among.」(信望が~の間で厚い。)




関連記事

  1. 「スキーム」の意味と使い方とは?ビジネスシーンでのスキームの使い方などを解説

  2. 「シナジー」の意味と使い方とは?類義語や対義語を解説

  3. 「ドラスティック」の意味とは?使い方や類義語、対義語を解説

  4. 「研鑽(けんさん)を積む」の意味と使い方とは?敬語表現や類義語などを解説

  5. 「厚顔無恥」の意味と使い方とは?【知らないと恥ずかしい四字熟語!】

  6. 「ベンチマーク」の意味とは?自動車のジャンルと経営のジャンル、ITのジャンルにおける「ベンチマーク」についてご紹介

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。









  1. 朱書き(しゅがき)の意味とは? 封筒の朱書きの書き方などを解説

    2021.01.17

  2. 「あります」の意味と使い方とは? 敬語や類義語などを解説

    2021.01.16

  3. 大天使とは? 大天使のミカエルの伝説などを解説

    2021.01.15

  4. 「かしこ」の意味とは? 由来や使い方などを解説

    2021.01.14

  5. ご用命の意味とは? 使い方や類義語、英語表現などを解説

    2021.01.13

  1. 外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    2019.05.02

  2. 【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    2019.05.02

  3. 失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    2019.05.02

  4. 少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    2019.03.27

  5. 自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    2019.03.27







x