アイスブレイクの意味と使い方とは?メリットやテーマなどを解説


アイスブレイクの意味とは?

プレゼンや会議、パーティや研修など多く人が集まるときは、やはり重い雰囲気になりがちです。

参加しているのが知っている人でも、かしこまって発言に躊躇するときもあるでしょう。

アイスブレイクというのは、このようなシーンの雰囲気を和らげるための一つのコミュニケーション法です。

簡単なゲームや会話などでお互いに参加している人が話をしたり、行動したりすれば、雰囲気が和らぎます。

重い雰囲気をアイス(氷)に例えて、このアイスをブレイク(壊す)ということでアイスブレイクといわれています。

アイスブレイクは、意識して行うもののみでなく、意識しないで行う会話や世間話が最終的に和らげるというものもあります。

このようなアイスブレイクを含めれば、保育園や学校、地元の集会やコミュニティのイベントなどのように多くの人が集まるシーンであれば、アイスブレイクがほとんど行われています。

そして、アイスブレイクは頻繫にビジネスシーンでも行われています。

ビジネスシーンではプレゼンや商談、セミナーなどが実施されますが、お互いに参加している人が打ち解けないと有意義なものにならなく、意味が薄い表面的な内容になりがちです。

そのため、ビジネスシーンではアイスブレイクを意図して行うときが多くあります。

アイスブレイクの使い方とは?

アイスブレイク使った例文としては、次のようなものがあります。

「ワークショップでは担当者がそれぞれ挨拶した後に、アイスブレイクで相手に質問したり自己紹介したりして参加している人同士が和やかになっていった。」

「学級を運営するときは、アイスブレイクを新学期に行う先生も多くいる。」

「初めて会った社員同士が参加した会議では、最初にアイスブレイクを簡単にしておくことによって、議論が活発になることが期待できる。」

「営業のトークでは、相手の警戒心を解くためにアイスブレイクで世間話などをする必要がある。」

ビジネスシーンでアイスブレイクを使う理由とは?

ここでは、ビジネスシーンでアイスブレイクを使う理由についてご紹介します。

緊張を無くす

緊張していると普段の自分が出せなく、パフォーマンスも高くなりません。

ブレインストーミング、ワークショップ、意見を出す研修や会議では、アイスブレイクを初めに使って交流することによって、緊張を無くし、話しやすい雰囲気を作ることができます。

そのため、人が多くいる中でも発言や意見交換が活発になり、パフォーマンスが高くなる環境を作ることができます。

また、限定した時間で企業に適した人材かを判断する採用面接では、アイスブレイクによって安心して本来の姿で話せる雰囲気になります。

そのため、雇用のミスマッチを防止することも期待できます。

コミュニケーションを促す

アイスブレイクの方法としては、世間話や自己紹介以外にミニゲームもあります。

打ち合わせや会議に参加する人でアイスブレイクを行うと、いつも話をしない人とのコミュニケーションを促して、価値観・年齢が違う人同士のお互いのコミュニケーションや理解を促すために効果が期待できます。

相手のことがわかることによって距離が縮まって、会話も促すことができるため、生産性もアップします。

また、アイスブレイクは積極的に出席している人が発言するチャンスにもなって、継続して行われるブレインストーミング会に参加する人も多くすることができます。

アイスブレイクのメリットとは?

ここでは、アイスブレイクのメリットについてご紹介します。

緊張感が和らぐ

会話を普段することがあまりない人が参加している会議では、参加している人の緊張感を和らげなければ、議論がなかなか進まないことがあります。

アイスブレイクを行うことによって緊張感が和らいで、意見が活発に出る雰囲気が作れます。

コミュニケーションがスムーズに図れる

アイスブレイクの方法の一つとして、出席している人が指の体操などというような簡単なゲームに参加することがあります。

一緒に全員が行うことによって、無理なく親しくない人ともコミュニケーションが図れます。

お互いに理解が深まる

ワークショップやセミナーなどのときは、価値観も年齢も違う人が参加するときもあります。

いい成果を決まった時間内に出すには、お互いに理解することが非常に大切です。

アイスブレイクを行うことで、お互いを効率的に知ることができるでしょう。

積極的にプレゼンや会議に参加することを促せる

プレゼンや会議の中には、意見を参加している人が出し合うことが要求されるときも多くあります。

しかし、静かな雰囲気のプレゼンや会議で、参加している人とあまりコミュニケーションが図れていない状態では発言を積極的に行うのは簡単ではありません。

アイスブレイクで発言しやすくすることによって、積極的にプレゼンや会議に参加することを促すことができます。

アイスブレイクの方法とは?

ここでは、アイスブレイクの方法についてご紹介します。

全ての人に共通するテーマにする

新人の営業マンのように業界についての知識をまだ十分にマスターできていないときは、まず全ての人に共通するようなテーマにするのがいいでしょう。

例えば、天気や季節のイベント、時事ニュースなどのように、ほとんど全ての人が間違いなく共感できるようなテーマを選ぶことが大切です。

相手を持ち上げる

相手と親しくするためには、相手を持ち上げることが早道です。

相手を持ち上げる方法もいろいろありますが、次のように可能な限りビジネスに関係するようなことを持ち上げてみましょう。

  • 駅近などの企業の立地
  • 事務所の設備・広さなどの環境
  • 名刺のデザインなど
  • 相手のスーツの配色などの服装

前もって準備したようなものでなく、事務所に着いてからわかるようなことについて持ち上げると効果がより期待できます。

近くの駅から事務所までの経路や事務所の中など、どこか持ち上げるポイントがないか十分にチェックしましょう。

相手の業界に関係する情報をテーマにする

訪問する前に、相手の業界に関係する情報は十分にチェックしましょう。

業界について関心があるイメージを与えられるため、スムーズに商談もまとまるでしょう。

相手の企業に関係する情報も十分に調べておきましょう。

プライベートな話をする

長期休暇のスケジュールなどのプライベートな話をするのも、方法の一つです。

プライベートな話をし過ぎると逆効果になるので、相手の反応を見ながら話をしましょう。

方法としては難しいものですが、時間をかけて相手と契約するときは非常に有効です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でstcareerをフォローしよう!





関連記事

  1. 「座右の銘」の意味とは? 使い方や注意点などを解説

  2. 働き女子にオススメ☆お仕事中にできる簡単ながらむくみケア☆

    働き女子にオススメ☆お仕事中にできる簡単ながらむくみケア☆

  3. 「チート」の意味と使い方とは?日本色の強いカタカナ語!

  4. ビジネスでよく耳にする「ボトルネック」の意味とは?業種別ビジネスでの使い方を徹底解説!

    ビジネスでよく耳にする「ボトルネック」の意味とは?業種別ビジネスでの使い方を徹底解説!

  5. 乖離(かいり)の意味と使い方とは?類義語や対義語などを解説

  6. 「人間万事塞翁が馬」の意味や使い方、類義語などを解説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。









  1. 「ペルソナ」の意味と使い方とは?ペルソナの活用・作成で注意点な…

    2020.02.26

  2. 「ブレスト(ブレインストーミング)」の意味と使い方とは?失敗し…

    2020.02.25

  3. 「ブラッシュアップ」の意味と使い方とは?類義語やビジネスシーン…

    2020.02.24

  4. 「フィックス」の意味と使い方とは?「フィックス」のビジネスシー…

    2020.02.23

  5. 「トップダウン」の意味と使い方とは?トップダウンのメリトットと…

    2020.02.22

  1. 外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    2019.05.02

  2. 【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    2019.05.02

  3. 失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    2019.05.02

  4. 少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    2019.03.27

  5. 自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    2019.03.27