「フォローアップ」の意味と使い方とは?ビジネスシーンでの「フォローアップ」の使い方などを解説


「フォローアップ」の意味とは?

「フォローアップ」の意味は、「すでに学習したことや開始したことを確認したり強化したりするために、時間がある程度が経ってから、再度行うこと」ということです。

また、意味としては、「追跡調査」というあることが実施されているかどうかを確認するものもあります。

「フォローアップ」は、新しく以前採用したシステムがどのような効果を現在あげているかを判断するときなどに使われます。

スポーツ界における「フォローアップ」の意味は、自分のチームのメンバーのアタックなどをサポートするということになります。

「フォローアップ」する期間は決まっていません。

例えば、「フォローアップ」としては治療した後の患者の健康状況を医療現場で観察するものがありますが、「フォローアップ」する期間はどの程度かという決まりは一般的にありません。

基本的に、「フォローアップ」の期間は、「フォローアップ」する人と「フォローアップ」するものによって決まります。

ビジネスシーンでの「フォローアップ」の使い方とは?

ビジネスシーンでは、「PDCAサイクル」を回すことがどのようなときでも大切であると考えられています。

「PDCAサイクル」というのは、計画(PLAN)→実行(DO)→評価(CHECK)→改善(ACTION)という一連の流れのことです。

業務の効果を最大にしたり、継続して業務を改善したりするために必要なものであると言われています。

この「PDCAサイクル」の評価(CHECK)に、「フォローアップ」が該当します。

「フォローアップ」は、何かを実行したときに、効果や経過をしっかり確認してさらにいいものにするという観点で使われます。

ここでは、ビジネスシーンでの「フォローアップ」の使い方についてご紹介します。

「フォローアップ研修」

ビジネスシーンでは「フォローアップ研修」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか。

研修では、最も効果があるのは「振り返り」「復習」であるといわれています。

1回学習するのみでは、本質的なものにならないためです。

そのため、研修する内容に関係なく、研修の後にちょっと期間をあけて振り返りする「フォローアップ研修」が大切です。

「フォローアップ研修」において、研修で学習したことをいかに活用したか、活用できていなければどうしてかなどについて、別の受講した人と一緒に深堀することによって、さらに学習することができます。

「フォローアップメール」

例えば、家電品をネットショップで買ったときを考えてみましょう。

買った家電品が届いてから、例えば、1週間経った後に「無事に家電品は届きましたか?」、2週間経った後に「家電品の使い心地はいかがでしょうか?」、3週間経った後に「あなたにおすすめしたい商品はこちらです」などというように、コミュニケーションを継続的に図るメールが届いたことがあるのではないでしょうか。

このようなメールが、「フォローアップメール」です。

「フォローアップメール」は、何かを買ったり、問い合わせをしたり、登録したりしたユーザーに対して、メールを追いかけるために送るものです。

「フォローアップメール」を送ることによって、効果が測れるのみでなく、商品を新しく買うなどの機会に繋がります。

「フォローアップセミナー」

「フォローアップセミナー」というのは、セミナーを受講した人にスキルや知識をさらにインプットするためのセミナーです。

基本的な知識が学習できるセミナーがあれば、「フォローアップセミナー」が成り立ちます。

基礎的なセミナーで学習したことをさらにブラッシュアップして、アクションを具体的に行うために実施されるときが多くあります。

何回も学習したことを振り返って、知識として繰り返して蓄積することによって記憶することをアップするためであることでは、意味合いが「フォローアップ研修」と同じようなものでしょう。

ビジネスシーン以外での「フォローアップ」の使い方とは?

ここでは、ビジネスシーン以外での「フォローアップ」の使い方についてご紹介します。

「フォローアップ検診」

「フォローアップ検診」というのは、医療分野で幅広く使われています。

例えば、手術した患者が退院してから、経過を診察してもらうために検診してもらうときは、「フォローアップ検診」になります。

また、数値が健康診断で良くなかったときに、精密検査をして重い病気が隠れていないかを調査することもあるでしょう。

このときに1度のみで終わりではなくて、ここから派生しないか、この後は心配ないかを調査する「フォローアップ検診」は非常に助かるでしょう。

「フォローアップ外来」

「フォローアップ外来」というのは、産婦人科などで使われるときが多くあります。

誕生した赤ちゃんや出産後の女性について、その後の成長や経過に問題がないかを診察するという外来が、「フォローアップ外来」です。

特に、赤ちゃんが早産して新生児集中治療室にいたようなときは、「フォローアップ外来」があると育てるときの安心感が違うでしょう。

きめ細かくクリニックが対応してくれると、クリニックの評判が良くなります。

このような「フォローアップ外来」はだんだん多くなってきているようです。

「Eメールのフォローアップ機能」

ビジネスシーン以外での使い方としては、「Eメールのフォローアップ機能」があります。

Eメールにプラスされている機能として、「以前に受信したメールが受信トレイの上に表示されて、返信やフォローアップをするか提案される」というものがあるのを見たことがあるのではないでしょうか。

大量にメールが届いたときに、既読にしたがうっかりして読み飛ばしてしまったようなこともあると思います。

このようなことを防ぐために、返信していないメールについて自動的に「フォローアップ」をするように提案してくれる機能がEメールにプラスされています。

このような機能は、デフォルトでEメールを利用していれば入っています。

非常に便利なEメールの機能ですが、必要ないというような人も中にはいるでしょう。

このようなときは、当然ですが、このEメールの機能を無効にすることもできるため安心です。

「フォローアップ」の英語表現とは?

「follow-up」が、「フォローアップ」の英語表現になります。

意味としては、「すでに開始したことを続けること」ということがあります。

形容詞と名詞のいずれでも使えますが、多くは形容詞として使うでしょう。

「follow-up」の例文としては、次のようなものがあります。

「She gave a follow-up training to new workers.」(新しい社員に彼女がフォローアップ研修を行った。)





関連記事

  1. 【例文で覚える】いまさら聞けない「コンセンサス」の正しい意味と使い方とは?

  2. 「重ねてお詫び申し上げます」の意味とは? ビジネスシーンでの使い方などを解説

  3. 「気付」の正しい意味が知りたい!様方・御中との違いもと書き方をマスターしよう

  4. 「折衷案(せっちゅうあん)」の意味とは?例文や類義語などを解説

  5. Amazonランキング上位!仕事に迷ったとき読むべきビジネス書でオススメしたい7冊

  6. 社会人なら知っていて当然?!「インバウンド」の意味と正しい使い方をマスターしよう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。









  1. 「万感の思い(ばんかんのおもい)」の意味とは? 使い方や類義語な…

    2020.09.30

  2. 「片腹痛い(かたはらいたい)」の意味とは? 使い方や類義語などを…

    2020.09.28

  3. 「読破」の意味とは? 読了、完読との意味の違いなどを解説

    2020.09.27

  4. 「当てこすり」の意味とは? 使い方や「当てつけ」との違いなどを解…

    2020.09.24

  5. 「言葉のあや」の意味とは? 由来や類義語などを解説

    2020.09.23

  1. 外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    2019.05.02

  2. 【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    2019.05.02

  3. 失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    2019.05.02

  4. 少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    2019.03.27

  5. 自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    2019.03.27







x