アイキャッチの意味と使い方とは?サムネイルとアイキャッチの違いなどを解説


アイキャッチの意味とは?

アイキャッチの意味は、テレビのCMの前後に挿入する短い映像やカット、目に付く映像や画像を掲載したりして視線を捉えること、広告業界において見ている人の目を奪ったり引いたりすることです。

以前はよくテレビのCMや広告業界において利用されていましたが、現在は基本のブログの方法にもなっています。

アイキャッチは、カタカナ語の言葉で、「Eyecatch」という英単語になります。

アイキャッチは、主としてテレビのアニメ番組などの途中のCMの前後に挿入するタイトル画面になります。

アイキャッチの目的は、テレビのCMを見てもらったり、どのようなアニメがCMの後にスタートするかがわかるようにしたりすることです。

一般的に普通の作品は1種類あるいは2種類だけのアイキャッチが制作されますが、アニメの中には全話の前後の全てのものを異なったものにしているときもあります。

アイキャッチの使い方とは?

ここでは、アイキャッチの使い方についてご紹介します。

アイキャッチはテレビのアニメ番組の前後に流れるタイトル画面である

テレビのアニメ番組の途中でCMの前後に流れるタイトル画面は、アイキャッチといいます。

なお、一部の有料のテレビのようにCMが流れないときは、番組の間にアイキャッチが流れるときがあります。

特に、アニメ番組において使われる方法で、テレビを見ている人がCMを見てくれるようにする効果とともに、まだCMの後にアニメ番組が継続することがわかるようにします。

アイキャッチはウエブサイトやブログに使う

ウエブサイトやブログにもアイキャッチを使います。

読む人の注意を引くために、記事の本文の初めに掲載している画像がアイキャッチです。

目に付くアイキャッチを使うと、ウエブサイトに滞在する時間が長くなったり、ブログのクリック率がアップしたりすることがあります。

また、読んでいる人が着目したウエブサイトやブログはSNSで拡がることもあり、その効果がアイキャッチを設けていないブログとは非常に違います。

アイキャッチは広告で使う

広告において効果的にアイキャッチを使うと、インパクトがあるためユーザーが関心を示します。

例えば、お店の商品を陳列する棚で、お店が売りたい商品や売れ筋の商品にPOPとして「現在売れています」などが表示されているときがあります。

アイキャッチとはこのようなPOPであり、アイキャッチを使うことによって対象になる商品をユーザー着が着目してくれると販売がアップします。

効果的にアイキャッチを制作する方法とは?

アイキャッチを制作ときは、インパクトがあってユーザーの関心を引きつけ、共感を見た人が覚えるようなものが大切です。

このようなアイキャッチを制作するには、どのような人に見せたいか、どのように見せたい人に働きかけるかを検討しましょう。

アイキャッチを制作するためには、キャッチコピーを検討したり、同時に添えるイラストや写真などを制作したりするなどのプロセスがあります。

アイキャッチを制作するときのコツは、しっかり文字を読ませて、この背景にはシンプルな画像を選択することです。

写真のときは画質にこだわって、色使いも共感が得られるようなものにしましょう。

イラストの手書きのものを制作したり、写真を加工したりするソフトもあります。

ダウンロードして無料で利用できるソフトや有料で利用できるソフト、またはダウンロードしないで操作がウエブサイトでできるソフトなどさまざまなタイプがあるため、使いやすいものを選択しましょう。

このようなソフトを使うと、他とは異なる個性的でクリエイティブなアイキャッチが制作しやすくなります。

アイキャッチの類義語とは?

ここでは、アイキャッチの類義語についてご紹介します。

人目につく

アイキャッチは目を引くことが目的ですが、このような意味を人目につくという言葉は持っています。

他の人が見たときに目がつい行くようなものを、人目につくといいます。

例えば、美しい女性やスタイルがいい男性などは、誰が見ても人目につくものです。

アイキャッチを制作するときは、人目につくようにすることが大切です。

優れたアイキャッチとは、街角を歩いているのみで人目につくように、ネットにあるのみで人目につくようなものになります。

目立つ

目立つという言葉は、一般的な誰でも知っているものです。

目立つという言葉の意味としては、他とは異なっているために際立って見える、人の注意を引くということがあります。

目立つことを、アイキャッチを作るときも意識しましょう。

意味が同じようなものであるため、この二つの言葉は類義語になります。

また、彼は目立つ存在であるというときは、いい意味の美しいなどのケースもあったり、良くない意味の騒がしいなどのケースもあったりします。

このように、目立つは、ポジティブな意味とネガティブな意味があります。

キャッチフレーズ

キャッチフレーズは、アイキャッチのキャッチを使用した一つの言葉です。

短い言葉で、見ている人や利用している人の関心を引くために作られています。

宣伝や広告で利用されるときが多くあり、謳い文句として目に付いてイメージに残るように作られたものです。

また、キャッチコピーという言葉もありますが、広告関係者やコピーライターが、ユーザーのイメージに残るような謳い文句を作ります。

いずれにしても、目立つ、人目を引くために作られるコピーやフレーズを意味します。

宣伝や広告のメインになる大事な部分であるため、最も目に付くところに配置されるときが多くあるでしょう。

サムネイルとアイキャッチの違いとは?

サムネイルは、アイキャッチと同じように使われます。

サムネイルは、アイキャッチを小さくしたようなもので、「Thumb nail」(親指の爪)が語源であるといわれています。

使用できるデータのサイズがネット上では限定されているので、そのまま全ての画像を表示することができません。

縮小したいくつかの画像を一覧で表示することによって、見ている人をリンク先の動画やページに誘うときには、一般的にサムネイルが使用されます。

また、動画の特徴的な画面や冒頭のところを画像として切り出して、動画の一覧の画面においてサムネイルを作るときもあります。

このときは、表示方式として、サムネイルを選択すれば、対応している動画が流れるというものが使われます。

画像のサイズが、サムネイルとアイキャッチの大きな違いになります。

一般的に、サムネイルの画像のサイズは横150px、縦150pxくらいですが、アイキャッチの画像のサイズは横700px、縦394pxくらいになります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でstcareerをフォローしよう!





関連記事

  1. 「ご高覧」の意味と使い方とは?使うときに注意することとは?

  2. 「ローンチ」の意味と使い方とは?類義語や対義語などを解説

  3. 「サジェスチョン」の意味と使い方とは?類義語や英語表現などを解説

  4. 「カタルシス」という言葉の意味とは?ビジネスシーンでの使い方を解説

  5. 「研鑽(けんさん)を積む」の意味と使い方とは?敬語表現や類義語などを解説

  6. 「ブレスト(ブレインストーミング)」の意味と使い方とは?失敗しないコツなどを解説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。









  1. 読書のメリットとは?これからは本を読まないと生き残れない時代

    2020.07.08

  2. パラレルキャリアとは?メリットと注意点を知って人生を豊かにしよう

    2020.07.03

  3. 「デフォルト」の意味とは?語源や利用シーンなどを解説

    2020.07.01

  4. 「トレース」の意味とは?いろいろなジャンルでの「トレース」の使…

    2020.07.01

  5. 「タイト」の意味とは?ビジネスシーンでの「タイト」の使い方など…

    2020.06.30

  1. 外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    2019.05.02

  2. 【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    2019.05.02

  3. 失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    2019.05.02

  4. 少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    2019.03.27

  5. 自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    2019.03.27