「ブラッシュアップ」の意味と使い方とは?類義語やビジネスシーンでの使い方を解説


ブラッシュアップの意味とは?

ビジネスシーンでのブラッシュアップの意味は、より良くすること、上を目指すこと、磨いていいものにすることなどがあります。

スキルや能力をアップさせるときに使われることが多くあります。

また、打ち合わせで決定したことをもっと磨くというような意味で使われるときもあります。

英語の「Brush Up」が、ブラッシュアップの語源です。

しかし、ビジネスシーンで使うブラッシュアップと英語の「Brush Up」の意味は違うため注意しましょう。

英語の「Brush Up」の意味は身なりを整える、ブラシをかける、学習をやり直すなどで、衰退していたことを取り返すという意味で使われます。

英会話やビジネスシーンで使うときは注意しましょう。

ブラッシュアップの使い方とは?

ここでは、ブラッシュアップの使い方についてご紹介します。

普段の生活

ブラッシュアップは、普段の生活では個人のスキルや技術について主として使われています。

芸術的センスや語学力などについて、ブラッシュアップはよく使われています。

例えば、英語力をブラッシュアップするときは、英語力がある程度現在あるが、英会話スクールなどでより磨いて英会話ができるようになるというようなニュアンスです。

また、芸術においては、一回出来上がった絵画をより完成度をアップするために使います。

完成度を自分でアップしようとするときと、完成度を別の人からアップすることを要求されるときの両方とも、ブラッシュアップは使われます。

ビジネスシーン

ブラッシュアップは、よくビジネスシーンで使われます。

IT企業や一般企業など、いろいろなビジネスシーンでブラッシュアップは使われています。

使われるシーンは、提案や企画、書類のプレゼン資料や企画書など、個人のスキルなどいろいろです。

意味は、その都度少し違ってきます。

提案や企画、書類などのときの意味は、完成度をアップするというとわかりやすいでしょう。

例えば、大枠のみが決定して「よりブラッシュアップする」といえば、「より具体的にしよう」というような意味になります。

また、一回完成したものについて「もうちょっとブラッシュアップする」といえば「もうちょっといいものにする」というような意味になります。

ブラッシュアップは個人のスキルについても使われており、より高度な技術や知識にして上達させることをいいます。

よく新入社員などを指導するときなどでも使われたり、中堅層などが最新の技術や知識を学習するための研修などで使われたりしています。

使い方としては、図る、すると一緒に使われるときが多くあり、ブラッシュアップを図る、ブラッシュアップするというようになります。

スキルアップとブラッシュアップの違いとは?

ブラッシュアップと同じような言葉としては、スキルアップがあります。

ここでは、スキルアップとブラッシュアップの違いについてご紹介します。

スキルの意味は、トレーニングによってマスターした能力ということで、アップという上げるという意味の言葉と組み合わせたスキルアップの意味としては、これまでに学習した技能・技術を磨くということになります。

また、ビジネスシーンでのスキルアップは、資格を新しく取得することなどのニュアンスもあります。

例えば、スキルアップの使い方としては、「TOEICで700点以上をスキルアップのために目標にする。」というようなものがあります。

ブラッシュアップする方法とは?

ブラッシュアップするときは、何らかの試案が必ずあるでしょう。

試案というのは、物事を決定するときにとりあえず作るものです。

そのため、試案は変わるという前提で作るアイディアです。

この試案をもとにして、いくつかの人が打ち合せてよりいいものを作っていくことが、大まかなブラッシュアップする方法です。

ここでは、ブラッシュアップするときのポイントについてご紹介します。

試案のレベル

いかに試案ということでも、適当に作るとレベルが低いところからブラッシュアップが始まります。

そのため、ブラッシュアップしたものも低いレベルのものになるでしょう。

試案は、妥協しないで自分の最も高いレベルまで検討するのがおすすめです。

そのうえで、いくつかの人のアイディアをプラスして、よりいいものにしましょう。

しかし、急いで試案を作って、ブラッシュアップを早い時期にするときもあります。

このときは、提案や企画のアウトラインのみを作って、全てのメンバーで肉付けを具体的に行うような方法です。

高いレベルの試案を作るか、あるいはスピードを優先して試案を作るかは、柔軟に応対しましょう。

課題をはっきりさせる

ブラッシュアップするときは、何らかの課題が対象にあるでしょう。

まず課題をはっきりさせてから、ブラッシュアップするようにしましょう。

ブラッシュアップの類義語とは?

ここでは、ブラッシュアップの類義語についてご紹介します。

改良、全化、練り上げ

ブラッシュアップの意味で物事をよりいいものにするというときのブラッシュアップの類義語としては、改良、全化、練り上げ、改革などがあります。

いずれも現状を維持するということでなく、もっと上を目標にして、よりいいものにしようとすることを意味する言葉です。

品質改善、品質向上

ビジネスにおいては商品やサービスの品質だけでなく、社員やスタッフの質は非常に大切になります。

ブラッシュアップは広い意味で考えるとクオリティや品質の改善や向上であるともいえるので、品質改善、品質向上などもブラッシュアップの類義語になるでしょう。

ブラッシュアップが含まれている英語表現とは?

ここでは、ブラッシュアップが含まれている英語表現についてご紹介します。

スキルのブラッシュアップ

ビジネスシーンや職場でブラッシュアッが使われるときは、ほとんど技術やスキルにおけるものでしょう。

「brush up one’s skill」が、スキルのブラッシュアップの英語表現になります。

「brush up」の例文

ここでは、簡単な「brush up」の例文についてご紹介します。

「I brush up my English skill.」(英語のブラッシュアップをする。)

「I brush up my skill in baseball.」(野球のブラッシュアップをする。)」

「The company organized one of brush up training course in service manner for me.」(私のためにサービスマナーのブラッシュアップコースを会社が申し込みしてくれた。)

「You need to brush up some skills to catch up with your current role.」(あなたは現在の業務を行うために、スキルをいくつかブラッシュアップする必要がある。)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でstcareerをフォローしよう!





関連記事

  1. 意外と間違えやすい「続柄」の正しい意味とは?読み方と書き方を解説

  2. 「ステレオタイプ」の意味は?意外と知らない本当の使い方を徹底解明

  3. 成功裏(せいこうり)の意味と使い方とは?「成功」と「成功裏」の違いなどを解説

  4. 「威厳」と「尊厳」の意味と使い方とは?類義語や英語表現などを解説

  5. 働き女子必見!絶対に遅刻できない日の寝坊対策法☆

    働き女子必見!絶対に遅刻できない日の寝坊対策法☆

  6. 「お目にかかる」の意味と使い方とは? 類義語や英語表現などを解説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。









  1. パラレルキャリアとは?メリットと注意点を知って人生を豊かにしよう

    2020.07.03

  2. 「デフォルト」の意味とは?語源や利用シーンなどを解説

    2020.07.01

  3. 「トレース」の意味とは?いろいろなジャンルでの「トレース」の使…

    2020.07.01

  4. 「タイト」の意味とは?ビジネスシーンでの「タイト」の使い方など…

    2020.06.30

  5. 「ギミック」の意味とは?使い方や類義語などを解説

    2020.06.29

  1. 外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    2019.05.02

  2. 【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    2019.05.02

  3. 失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    2019.05.02

  4. 少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    2019.03.27

  5. 自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    2019.03.27