「頭が下がる」の意味とは?注意点や類義語、対語後などを解説


頭が下がるの意味とは?

ここでは、頭が下がるの意味についてご紹介します。

感服する

感服するの意味は、非常に感心して尊敬の気持ちを持つということです。

人の言動や行動に素晴らしいという思いを心の奥底から感じて、尊敬することを表現しています。

敬服する

敬服するの意味は、感心して尊敬の念を持つということです。

自ら進んでいい行動を自然に行なっている姿を見たことによって、行動に感心して尊敬することを表現しています。

頭が上がらないと頭が下がるの違いとは?

ここでは、頭が上がらないと頭が下がるの違いについてご紹介します。

負い目を感じる時に頭が上がらないは使う

頭が下がると同じような語感を持つ言葉として、頭が上がらないがありますが、意味は違っています。

頭が上がらないは、本来であれば立場が対等のはずであるが、相手に関する恩や自分の犯したミスがあるため、負い目を感じる時に使われます。

そのため、頭が下がるという感心や尊敬の気持ちからくるものとは、自分の置かれている状態が違っています。

なお、頭が上がらないは、単に部下や上長というような立場上、逆らうことが権力の違いがあってできない時も使えるため、意味をシーンによって汲み取る必要があります。

頭が下がると頭が上がらないを使い分ける方法

意味が頭が下がると頭が上がらないは違うため、使い分けがシーンによって必要になります。

頭が上がらないを使うのは、例えば、自分の妻が子育てや家事をしながら仕事も行なっており、収入にも違いがない時になります。

本来であれば、夫婦の関係は対等な立場ですが、妻に子育てや家事を全て任せているということがあるため、頭が上がらないを使います。

頭が下がるを使う時に注意することとは?

ここでは、頭が下がるを使う時に注意することについてご紹介します。

目上の方に対して頭が下がるは使わない

頭が下がるという言葉を目上の方に対して使うのは、失礼になる時があります。

頭が下がるの意味は、感心や尊敬ということがあるため、もともと尊敬する必要がある目上の方に使うのは適切ではありません。

尊敬の言葉を上長に伝えたい時は、「勉強させていただきます」などを使いましょう。

目上の方を褒めるということは、ビジネスマナーとして相手に対して失礼であるという考え方もあります。

相手の考え方によって違ってくるため、絶対に使ってはいけないということはありませんが、このような考え方もあることを把握しておきましょう。

第三者に話をする時は目上の方に対して頭が下がるが使える

頭が下がるを目上の方に対しては使うことは適切ではありませんが、第三者に話をする時は使っても問題ありません。

例えば、自分たちの上長について部下同士が話をする時に、本当に課長の勤務態度には頭が下がるなどというように使えます。

第三者に対して課長に頭が下がるということを話しているため、失礼ではありません。

繰り返して頭が下がるは使わない

頭が下がるという言葉を繰り返して何回も使うのは止めましょう。

同じ言葉を何回も使うと、ワンパターンの会話になってしまいます。

そのため、類義語を使ったり、表現を変えたりするなどして、繰り返して同じ言葉を使うのは止めましょう。

頭が下がるの類義語とは?

ここでは、頭が下がるの類義語ついてご紹介します。

恐れ入る

意味は、相手の才能に屈して圧倒されることです。

恐れ入るを使った例文としては、彼の才能には恐れ入るなどがあります。

畏敬の念を抱く

意味は、相手を尊敬する気持ちを持つことです。

畏怖の念を抱くを使った例文としては、先生に対して畏敬の念を抱くなどがあります。

尊敬する

意味は、他の人の行いを敬うことです。

尊敬するを使った例文としては、どのようなことでもできる彼を尊敬するなどがあります。

尊ぶ

意味は、相手を重んじて尊敬することです。

尊ぶを使った例文としては、努力し続ける先生を尊敬するなどがあります。

一目置く

意味は、相手の能力を認めて敬意を示すことです。

一目置くを使った例文としては、スポーツも勉強もできる彼を一目置くなどがあります。

感銘する

意味は、深く心に残すくらい感動することです。

感銘するを使った例文としては、華やかな演出に感銘するなどがあります。

敬愛する

意味は、相手を尊敬して愛情を抱くことです。

敬愛するを使った例文としては、能力がある彼を敬愛するなどがあります。

敬意を表する

意味は、相手を尊敬する気持ちを持つことです。

敬意を表するを使った例文としては、彼に敬意を表して姿勢を正すなどがあります。

慕う

意味は、人柄などを敬って、その人のようになりたいと考えることです。

慕うを使った例文としては、先輩の芸風を慕うなどがあります。

崇める

意味は、尊敬するものとして取り扱うことです。

崇めるを使った例文としては、彼女を全員で崇めており気持ちが悪いなどがあります。

頭が下がるの対義語とは?

ここでは、頭が下がるの対義語についてご紹介します。

侮蔑する

意味は、他の人を馬鹿にすることです。

侮辱するを使った例文としては、彼は侮蔑する最も良くない人間であるなどがあります。

軽蔑する

意味は、他の人を軽く見て馬鹿にすることです。

軽蔑するを使った例文としては、軽蔑するような目で見られるなどがあります。

肘鉄を食らう

意味は、他の人を馬鹿にするように肘で突き飛ばすことです。

肘鉄を食らうを使った例文としては、肘鉄を食らって倒れたなどがあります。

蔑む

意味は相手を見下すことです。

蔑むを使った例文としては、蔑んだ目で見られたので耐えられなかったなどがあります。

軽視する

意味は、他の人を見下して馬鹿にすることです。

軽視するを使った例文としては、あなたは軽視する傾向があるが、後からバチが当たるなどがあります。

蔑ろにする

意味は、他の人などを軽んじて無いものにすることです。

蔑ろにするを使った例文としては、私のことをいつも蔑ろにするので許せないなどがあります。

蔑視する

意味は、他の人を見くびることです。

蔑視するを使った例文としては、蔑視には余裕で耐えられるなどがあります。

見下す

意味は、他の人を馬鹿にして見ることです。

見下すを使った例文としては、彼はいつも私を見下しているなどがあります。

頭が下がるの英語表現とは?

頭が下がるのニュアンスは、敬服する、感服するということであるため、英語表現としては「admire」「respect」などが挙げられます。

「admire」を使った例文としては、次のようなものがあります。

「I admire her more than any other guy.」(彼女には最も頭が下がる。)





関連記事

  1. 「タガが外れる」の意味とは?由来や例文、類義語などを解説

  2. 「雌雄を決する(しゆうをけっする)」の意味とは? 由来や使い方などを解説

  3. 「取り繕う(とりつくろう)」の意味とは? 使い方や類義語などを解説

  4. 「寄与」の意味とは?使い方や類義語、対義語などを解説

  5. 「片腹痛い(かたはらいたい)」の意味とは? 使い方や類義語などを解説

  6. 「親展」の意味とは?封筒に親展を書く時に注意する点などを解説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。









  1. 「お祈りメールの返信」は不要か? 必要なときなどについて紹介

    2020.10.12

  2. 「部署」の意味とは? 部門との違いなどを解説

    2020.10.11

  3. 「当座」とは? 当座預金のメリット、デメリットなどを解説

    2020.10.10

  4. 「事業内容」とは? 事例や書き方などを解説

    2020.10.10

  5. 廃業届とは? 書き方や提出しなかった場合どうなるかなどを解説

    2020.10.10

  1. 外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    2019.05.02

  2. 【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    2019.05.02

  3. 失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    2019.05.02

  4. 少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    2019.03.27

  5. 自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    2019.03.27







x