アチーブメントの意味と使い方とは?類義語や対義語などを解説


アチーブメントの意味とは?

ここでは、アチーブメントの意味についてご紹介します。

基本的なアチーブメントの意味は成し遂げることである

アチーブメントというのは、「achievement」という英語ですが、基本的な意味は、ゴールになる希望や目標を達成すること、あるいは成し遂げることです。

アチーブメントは、もともと「achieve」の名詞形で、意味としては、目標を努力して勝ち取る、目的のものを獲得する、名声や勝利を勝ち取るということがあり、それぞれの個人が目指すものを実現し、何か懇願しているものが成就することです。

アチーブメントの意味は功績や成果もある

功績や成果もアチーブメントの意味としてはあります。

例えば、仕事で営業している人が綿密に顧客の名簿を作って、販売ルートを効果的に確立した上で仕事を行った結果、営業課においてトップの功績や成果を獲得することなどをいいます。

このときの意味は、時間と努力を個人が割いたことについて、功績として後続して生まれることになります。

アチーブメントは、何となく運よく自然に獲得できるというようなものではありません。

頑張りと強固な意志、そしてやはり非常に努力した結果であるといえます。

社会学でのアチーブメントは業績になる

アチーブメントの意味は、社会学では業績があります。

アチーブメントの意味の功績や成果と同じようなものがありますが、スキルや努力で与えられる社会や社会的ポジションによって誕生する地位のことを意味する言葉になります。

専門のジャンルの社会学でのアチーブメントの特徴は、個人のスキルや努力で獲得できる後天的属性をいうことがあります。

ゲームでのアチーブメントは条件によって獲得できる証である

アチーブメントの意味は、ゲームの世界にもあります。

達成した条件によって獲得できる証のことで、つまり意味としてはトロフィーのようなものがあります。

達成した功績のスタイルはゲームによって違いますが、アチーブメントをレアアイテムやポイント、バッチや勲章などが与えられることによって示すシステムが多くあるようです。

アチーブメントテストを略したものがアチーブメントである

アチーブメントの意味は、それぞれの教科でマスターした学習の効果を測るためのアチーブメントテストを略したものでもあります。

アチーブメントは一つの学力テストですが、公立高校に進む人を選ぶための客観的なテストをいうときもあります。

また、客観的な点基準になるように行われた試験としても有名であり、AT(エーティー)ともいわれています。

アチーブメントの使い方とは?

ビジネスシーンでは、アチーブメントはよく使われます。

例えば、仕事が忙しくなって夜遅くなったり、足にまめができるくらい外回りで歩き回ったりして努力したため、後続する成果として勝ち取れる功績や業績について使われます。

ビジネスシーンにおいては割合カジュアルな意味でアチーブメントが使われるときは、成就や達成という意味になると考えておく方がいいでしょう。

アチーブメントを使った例文としては、次のようなものがあります。

アチーブメントを使うときは参考にしましょう。

  • 「全ての部員が、次の期の目標のアチーブメントを目指してやる気になっている。」
  • 「田中さんが達成したアチーブメントを、どのようなプロセスで成功したかと一緒に説明しよう。」
  • 「50匹をモンスターを育成するゲームで進化させたため、トロフィーをアチーブメントとして獲得した。」
  • 「明日受けるアチーブメントに対して、中学3年生の娘は緊張して眠れないようだ。」

「achievement」と「success」の違いとは?

成功の英語表現としては、「achievement」と「success」があります。

「achievement」は高校の英語として、「success」は中学の英語としてそれぞれ学習しますが、それぞれの違いがわかっていない日本人も多くいるのではないでしょうか。

ここでは、日本人にとって案外とわかりにくい「achievement」と「success」の違いについてご紹介します。

「achievement」と「success」は、達成したのは目標か、それとも行動かということが違います。

「achievement」の意味としては、成就、達成、偉業、業績などというようなものがあります。

ある数値や期限の目標を達成することを表現します。

一方、「success」の意味としては、成功、出世、上出来、立身、上首尾、成功者などというようなものがあります。

行動や行為によって、目的通りに物事を達成することを表現します。

アチーブメントの類義語とは?

完遂、果たすことが、アチーブメントの類義語になります。

アチーブメントの意味は、名声、勝利を勝ち取る、目的のものを獲得する、目標・目的などを努力して成し遂げる、成功するということです。

このような意味から考慮すると、アチーブメントの類義語としては完遂という完璧に成し遂げること、考えていたことをし終えること、やる必要があること、という意味の「果たす」が適当でしょう。

ここでは、アチーブメントの類義語の例文についてご紹介します。

  • 「彼の発表は非常に見事なアチーブメントであるといえる。」
  • 「彼女は発表を非常に見事に果たしたといえる。」
  • 「営業マンは全力を尽くして目標のアチーブメントを目指す。」
  • 「目標の完遂を目指して、営業課は全力を尽くす。」

アチーブメントの対義語とは?

アチーブメントの対義語として適当なものは、アスクリプションではないかといわれています。

というのは、アスクリプションが社会学でのアチーブメントの意味の業績に対する言葉であるためです。

アチーブメントは個人のスキルや努力で与えられる社会的な地位ですが、アスクリプションは個人が先天的に獲得している家系や家柄、人種や種族というような、個人のスキルや努力が影響を与えない社会的な地位を示すものであるためです。

そのため、アスクリプションがアチーブメントの対義語であると把握しておきましょう。

アチーブメントを上手く使いこなす

アチーブメントの意味や使い方、類義語、対義語などについてご紹介しましたが、アチーブメントについてよくわからなかった方はこの機会に意味を把握しておきましょう。

そして、ビジネスシーンでアチーブメントを上手く使いこなしましょう。

アチーブメントを正確に自然に使えると、評価が上長や同僚から上がるでしょう。

しかし、カタカナ語が嫌な方は拒否反応があるかもしれないため、相手の様子を確認しながら使うというようなことは注意しましょう。





関連記事

  1. バッファの意味と使い方とは?類義語や関連用語などを解説

  2. 「ハレーション」の意味とは?使い方や類義語、対義語などを解説

  3. 「僥倖」の意味とは?由来や使い方、類義語などを解説

  4. 「パラダイムシフト」の意味と使い方とは?語源や類義語などを解説

  5. 「お手数おかけします」の正しい意味や使い方、注意すべき点を解説

  6. 「ノウハウ」の意味とは? 使い方や類似語、「ノウハウ」と「ハウツー」の違いなどを解説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。









  1. 「万感の思い(ばんかんのおもい)」の意味とは? 使い方や類義語な…

    2020.09.30

  2. 「片腹痛い(かたはらいたい)」の意味とは? 使い方や類義語などを…

    2020.09.28

  3. 「読破」の意味とは? 読了、完読との意味の違いなどを解説

    2020.09.27

  4. 「当てこすり」の意味とは? 使い方や「当てつけ」との違いなどを解…

    2020.09.24

  5. 「言葉のあや」の意味とは? 由来や類義語などを解説

    2020.09.23

  1. 外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    外資系に強いおすすめの転職エージェントの評判を徹底検証!

    2019.05.02

  2. 【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    【転職希望者必見!】今知っておくべき転職エージェントランキング!

    2019.05.02

  3. 失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    失敗しない転職なら、転職エージェントがおすすめ!

    2019.05.02

  4. 少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと

    2019.03.27

  5. 自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    自分らしいキャリアを描くためにしたい3つのこと!

    2019.03.27







x